女性の薄毛対策ナビ - 原因別の治療法とは?TOP > 基礎知識 > ホルモンとの関係

ホルモンとの関係

 

薄毛になる原因はいくつかありますが、その中で最も大きなものと言えるのがホルモンになります。

 

男性の薄毛は、男性ホルモンが作用することが分かっていますが、女性の場合もホルモンが髪の発育に少なからず影響を与えています。

その女性ホルモンには、髪の発育を促す栄養分を運ぶ血液がスムーズに循環するよう、毛細血管を拡げる働きがあるためです。

 

この女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こる女性の薄毛は、これがすべてではないですが妊娠や出産が大きく影響しています。

 

出産して2ヶ月ほどが過ぎた頃に髪が薄くなったと感じる人は多くいますよね。

 

これは、出産に備えて一時的に分泌量が増えた女性ホルモンが、出産を終えたことで元の分泌量に戻るために、急激なホルモンの増減でバランスが崩れることによるものです。

 

しかし、抜け毛が増えるのは出産によって乱れたホルモンバランスが元の状態に整うまでの一時的なものです。

 

なので、早ければ半年程度から大体1年ほどで治まるのであまり心配はいりませんね。

 

また、生理をコントロールするために産婦人科でピルを処方してもらって飲んでいる人もいますが、このピルの服用もホルモンバランスの崩れにつながるため、薄毛の原因となることがあります。

 

ピルは、ホルモンの分泌を調整して生理が始まる日をずらすものだからですね。

 

ただし、近年処方されるピルは低用量のものが主流となってきたこともあり、ピルの処方によって薄毛になるという副作用が生じるケースは少なくなってきているのが現状です。

 

基礎知識記事一覧

種類について

一言で女性の薄毛と言っても、原因は一つではありませんね。髪のボリュームがなくなったり細くなってしまったという過程によって、現れる脱毛症のタイプは異なるものです。まず...

若い世代の場合

薄毛は、中高年と言われる年代にさしかかった人達の悩みというイメージがありますよね。しかし、近年では若い年代の人にも髪の悩みを抱える人が増えています。それは、現代人の...

ホルモンとの関係

薄毛になる原因はいくつかありますが、その中で最も大きなものと言えるのがホルモンになります。男性の薄毛は、男性ホルモンが作用することが分かっていますが、女性の場合もホルモンが...

ストレス・肩こりとの関係

普段の生活や学校、職場などでストレスを日常的に抱える状態が長期間続くと、女性も薄毛になってしまうことがあります。と言っても、程度の差こそあれストレスは誰もが抱えているもので...