女性の薄毛対策ナビ - 原因別の治療法とは?TOP > 基礎知識 > 種類について

種類について

 

一言で女性の薄毛と言っても、原因は一つではありませんね。

 

髪のボリュームがなくなったり細くなってしまったという過程によって、現れる脱毛症のタイプは異なるものです。

まず、いくつかある女性の薄毛の種類の中で最も多いとされているのが、「びまん性(瀰漫性)脱毛症」です。

 

円形脱毛症のように、一部分だけ髪が抜けたり薄くなったりするのではなく、頭皮全体に薄毛の症状がみられるものです。

 

これは、年齢的には30代後半以降の女性の発症率が高いとされていますが、加齢の他にも過度なダイエットやヘアケア、ストレスなどがびまん性脱毛症の原因に挙げられています。

 

そして、髪を束ねたりポニーテールにするなど髪をゴムなどで縛ることによって、髪が長時間にわたって引っ張られている状態にしておくことが原因となる「牽引性脱毛症」も、髪を伸ばすことが多い女性に多いものです。

 

イメージチェンジでたまに髪を束ねたりする程度であれば問題ないですが、いつも髪の毛を束ねた髪型にしている場合は注意が必要です。

 

それから、脱毛症の中には妊娠、出産をした女性が発症する「分娩後脱毛症」もあります。

 

出産が近づく後期に女性ホルモンが一時的に増え、出産した後に元の分泌量に戻ることによって、発毛サイクルに乱れが生じるために抜け毛が増えてしまうものです。

 

ですが、これについては特に対策をしなくても、身体が元に戻るにつれて1年もすれば治まるのが一般的です。

 

ただし、高齢出産の場合や出産後にストレスが溜まる状況におかれていると、元通りのサイクルになるまでに時間がかかることがありますね。

 

基礎知識記事一覧

種類について

一言で女性の薄毛と言っても、原因は一つではありませんね。髪のボリュームがなくなったり細くなってしまったという過程によって、現れる脱毛症のタイプは異なるものです。まず...

若い世代の場合

薄毛は、中高年と言われる年代にさしかかった人達の悩みというイメージがありますよね。しかし、近年では若い年代の人にも髪の悩みを抱える人が増えています。それは、現代人の...

ホルモンとの関係

薄毛になる原因はいくつかありますが、その中で最も大きなものと言えるのがホルモンになります。男性の薄毛は、男性ホルモンが作用することが分かっていますが、女性の場合もホルモンが...

ストレス・肩こりとの関係

普段の生活や学校、職場などでストレスを日常的に抱える状態が長期間続くと、女性も薄毛になってしまうことがあります。と言っても、程度の差こそあれストレスは誰もが抱えているもので...